ピーチローズのデメリットについて

おしりのブツブツや黒ずみにお悩みの方をたくさん救ってきたピーチローズ

 

 

ネットの口コミやブログでは愛用して良かったことについてたくさん記載されていますね。

 

そんな情報を見ていると逆にデメリットはないの?ということが疑問として挙げられますよね。

 

どんな商品にもデメリットはありますので、ここでは使って分かった悪かった点について述べていきたいと思います。

 

ピーチローズには4つのデメリットがあった

 

実際に愛用していたからこそ分かる4つのデメリットについて挙げてみましたのでそれぞれ詳しく説明していくことにします。

 

価格が高い

最高品質だけあって良い値段がしてしまうのは仕方がないことです。

 

 

市販の安いケア商品と比較してもピーチローズの価格は決して安いとは言えません。

 

ただし品質はケタ違いだと言っておきますね。

 

品質が高い=価格が高いという問題は避けることはできないのですが、私もできればもうちょっと安く販売してほしいというのが本音ですね。

 

定期コースは2回の継続が条件

通常価格は10,000円もしてしまうので定期コースを利用して5,695円と約半額で購入するのが賢い買い方だと思います。
しかし、この定期コースには解約条件がありますので購入前に必ずチェックしておくようにしましょう。

 

「安いから即注文しよ!」などと必要事項を確認せずに安易に飛びついてしまうと後で後悔することになってしまいますので、せめて解約条件については知っておくようにして下さいね。

 

 

ピーチローズは2回の受け取りが最低継続条件となっているので解約できるのは2回目を受け取ってからということになります。

 

これ以前に解約したい!と思うのであれば全額返金保証制度を利用すれば自動的に解約となりますのでご安心下さい。

 

ピーチローズの定期コースの継続回数の縛りはデメリットであることに違いないのですが、60日間の全額返金保証制度によって補うことが出来ていますね。

 

即効性はない

ピーチローズでお尻をケアしようと思っても、短期間で結果が出ることはほとんどありません。

 

 

最低でも3ヶ月は継続するつもりで経過を観察するようにしましょう。

 

肌にはターンオーバーといって肌が再生する期間というものがあるのですが、ターンオーバーを考慮しても3ヶ月は妥当な期間と言えるかと思います。

 

ピーチローズの悪い口コミを見ても、やはり1ヶ月未満など途中でやめている方が大多数を占めていました。

 

逆に良い口コミでは、最低でも2ヶ月以上は継続しているという特徴があることが分かりましたよ♪

 

ピーチローズを愛用して私も約3ヶ月でお尻がキレイになりましたからね。
やっぱり続けることは大切だと思いました。

 

全身に使用するとすぐになくなる

ピーチローズはお尻だけでなく全身に使用することができるボディクリームとなっていますが、広範囲な箇所をお尻と一緒にケアすると恐らく1ヶ月は持たないでしょう。

 

 

内容量が決して少ないというわけではないのですが、価格もそれなりにしてしまうので特に気になる部位に集中的に使用する方がコスパが良いと思います。

 

これ1本で全身をケアするとなると毎月2本は必要になってきます。

 

 

 

 

良い口コミ・メリットが記載されているサイトばかりに目がいきがちですが、どんな商品にもデメリットはありますのでそれらをきちんと理解した上で購入されるとまず失敗はしませんね。

 

以上、ピーチローズのデメリットについてでした。

 

 

 

 

ピーチローズの関連記事

 

ピーチローズのネット口コミは大嘘!3ヶ月試した悪評の真相とは