ピーチローズとイビサクリームについて

ネットで人気となっている黒ずみケア商品の中でも特に注目されているピーチローズとイビサクリーム。

 

 

この2つ商品についてどちらを選ぼうかと迷っている方も当然いるはずです。

 

そこでここでは、ピーチローズイビサクリームならどっちにするべきなのかということについてここではっきりさせておきましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

ピーチローズVSイビクリーム

 

商品名 ピーチローズ イビサクリーム
成分 【有効成分】アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム、【その他の成分】トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、カンゾウフラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン、水溶性コラーゲン液(4)、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸、ニンジンエキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1、クララエキス-1、モモ葉エキス、イザヨイバラエキス、バラエキス、レモングラス抽出液、ノバラエキス、大豆エキス、プラセンタエキス-1、ビタミンA油、酢酸トコフェロール、トウモロコシ油、水酸化K、BG、濃グリセリン、ラフィノース水和物、1,2−ペンタンジオール、トリメチルグリシン、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、エチルヘキサン酸セチル、メチルポリシロキサン、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、フェノキシエタノール、精製水、香料 【有効成分】トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム【その他の成分】ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3−ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2−ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、1,2−ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水
使用目的 ニキビ・ニキビ跡・美白 美白がメイン
使用できる部位 お尻がメイン(顔を含む全身に使用可) デリケートゾーンがメイン(顔を含む全身に使用可)
内容量 60g 35g
解約条件 2回以上の継続条件あり 2回以上の継続条件あり
返金保証制度 60日間の返金保証制度 28日間の返金保証制度
価格 単品購入:10,000円、定期コース:5,195円 単品購入:7,000円、定期コース:4,470円

 

ピーチローズとイビサクリームの解約条件は2回継続と同じで返金保証に関しても60日間と28日間と制度がきちんと設けられています。

 

こうして表にして比較してみるだけでも自分に合った商品が分かりやすく比較できるかと思います。

 

どっちが優れているのか?5つの項目で徹底検証

 

 

一体どちらがおすすめの商品なのか?大切な5つの項目で比較してみることにしました。

 

口コミ・人気で比較

 

口コミは日本一大手の「アットコスメ」を参考に比較しています。

 

イビサクリーム

総合評価は4.8点となっていて口コミ投稿件数は88件でした。

 

 

アットコスメで4.8点はかなり高い評価を得ているということに他なりません。

 

ピーチローズ

総合評価は5.3点で口コミ投稿件数は1142件と驚異的な結果となりました。

 

 

星5.3点も凄いことなのですが、1100件以上の口コミがあってこの数字は恐れ入りました。

 

としか言いようがありませんね。

 

口コミ・人気を比べてみるとピーチローズの方がネットでの評価が高いということがはっきりしました。

 

もちろんイビサクリームの評判も良いのですが、ピーチローズの口コミ件数と総合評価を見れば一目瞭然でしたね。

 

口コミだけが全てではありませんが、商品を選択する上での大きなポイントとなることは確かです。

 

ピーチローズの口コミをチェック

 

使用部位・使用目的で比較

 

イビサクリークのメインをデリケートゾーンの黒ずみケアです。

 

 

  • 肘の黒ずみ
  • 膝の黒ずみ
  • 脇の黒ずみ

 

など他の部位に使用している口コミも多く見られましら。

 

ピーチローズはお尻ケア特化した医薬部外品として開発された商品です。

 

 

お尻ケアの角質は他の部位よりも厚みがあるので市販のケア商品では肌の奥深くまで美容成分が浸透できないことがほとんですが、ピーチローズは独自製法で低分子の成分を配合しているのでゴワゴワで固いお尻の奥まで浸透することができるようになっています。

 

  • デリケートゾーンならイビサクリームがおすすめ
  • お尻のブツブツ・黒ずみケアならピーチローズ

 

といったようにどこの部位に何の目的で愛用するかによるので、自分に合ったものを選ぶと良いですね。

 

有効成分で比較

 

有効成分とは厚生労働省がその有効性を認定した効果については折り紙つきの成分ということになります。

 

イビサクリーム

 

  • グリチルリン酸ジカリウム
  • トラネキム酸

 

イビサクリームに配合されている有効成分は上記の2つとなっています。

 

 

グリチルリン酸ジカリウムには抗炎症作用があり、ニキビなどお肌の炎症を抑える働きがあるとされています。

 

トラネキム酸は美白に効果的な成分で黒ずみケアに役立ちます。

 

さらに12種類の天然由来の成分が配合されていて、主に美白を目的に構成されていることが分かりました。

 

ピーチローズ

 

  • グリチルリン酸ジカリウム
  • アルブチン

 

この2つがピーチローズの有効成分です。

 

 

グリチルリン酸ジカリウムはイビサクリームと同じですが、アルブチンという美白成分を配合している点が違いますね。

 

アルブチンは黒ずみの原因となるメラニンの沈着を予防することが期待できる、美白成分として配合されています。

 

さらに12種類配合されている植物由来の成分においても肌を健康に保つ作用やアルブチンとの相乗効果を目的とした美白に働く成分がどちらも配合されていることが分かりました。

 

有効成分はどちらも

 

  • 抗炎症作用
  • 美白効果

 

という点において重点をおいているので、違う成分を配合しているにしても同じような効果があると言えるでしょう。

 

ですがその他に配合されている天然由来の成分においては

 

  • イビサクリームは美白中心
  • ピーチローズはニキビの炎症・美白のバランス中心

 

ということが言えると思います。

 

価格・コスパについて

 

イビサクリーム

 

 

  • 単品購入:7,000円
  • 定期購入:4,470円
  • 返金保証:28日の返金保証制度あり
  • 内容量:35g

 

 

ピーチローズ

 

 

  • 単品購入:10,000円
  • 定期購入:5,145円
  • 返金保証:60日間の返金保証制度あり
  • 内容量:60g

 

単純に価格だけを比べてみると初回価格2回目以降ともイビサクリームの方が若干安く済みますね。

 

返金保証制度に関しては60日間もあるピーチローズの方が余裕ある期間と言えますが、試しやすくお財布に優しい価格という意味ではイビサクリームの方が上だと言えますね。

 

しかし、内容量が約2倍違いますので総合的に比較するとピーチローズの方がお得と言うこともできます。

 

価格=品質という問題は避けては通れない問題なので、高品質なケアクリームを愛用しようと思えばそれなりのコストは必要ということですね。

 

実績・メディア情報

 

イビサクリーム

 

 

  • ファッション雑誌での特集
  • ネットテレビでの紹介

 

ピーチローズ

 

 

  • モンドセレクション金賞・銀賞
  • 医師監修のスキンケア大学での紹介
  • 日本薬学会での研究結果発表

 

どこでどのような評価を得ているかは商品が信頼されている証拠なので実績はチェックしておいて損はありませんね。

 

イビサクリームはネット通販で人気の商品でファッション雑誌などで特集されていたことは間違いありません。

 

ですが、実績という点においてはモンドセレクションや日本薬学会などの権威ある業界から認められているピーチローズの方が信頼されていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

それだけ幅広い業界で積極的に活動されているということに他なりません。

 

ピーチローズとイビサクリームの比較まとめ

 

試しやすい価格&美白のケアにおすすめ

イビサクリームは定期購入すると4,700円とお財布にも優しい価格です。

 

 

配合成分は美白に力を入れていることもあってデリケートゾーンなどの気になる黒ずみケアにとってもおすすめできる医薬部外品です。

 

28日間の全額返金保証制度もあるので金銭的なリスクはほとんどないと言えますね。

 

 

ブツブツ・黒ずみのケア&間違いない実績

ピーチローズはニキビと黒ずみを同時にケアできるバランスを重視した成分となっています。

 

 

お尻をケアするつもりならこの商品より品質の高いものはないとはっきり言い切れるほど高品質であることは間違いありません。

 

日々、研究を怠らずに改良をしていることで日本薬学会などの専門家集団の中でも臨床結果を発表するまでの実績を積むことが出来ているんだぁと愛用者の一人としても感心しているところです。

 

 

デリケートゾーン・お尻のケアとそれぞれ目的が違うのでどちらが良い商品か?ということは一概には言えませんのでそれぞれに合った目的・環境によって選ぶと良いので参考にしてみて下さいね。

 

以上、ピーチローズとイビサクリームの比較についてでした。